ブログ

復活祭

0
     今日から4月。
    月曜日が1日ということもあり、全てが今日から新たにスタート!と、
    新鮮な気分になります。

    ちなみに今年のイタリアは、今日はお休みの日です。

    というのも、昨日3月31日が今年の復活祭で、その翌日は
    パスクエッタ(pasquetta)ー小さな復活祭ーと呼ばれて連休になります。

    フランシスコ法王が選出されて最初の復活祭も無事終わりました。
    サン・ピエトロ広場を埋め尽くす信者の前で、法王はあの静かな語り口で
    世界の平和を呼びかけました。
    ただ、これまで恒例だった「世界各国の言葉で“復活祭おめでとう”を言う」のは、
    今年は取りやめになったようです。






    私は一度、故ヨハネ・パウロ2世の日本語の「復活祭おめでとう」を聞いたことがあります。
    サン・ピエトロ大聖堂のバルコニーに立つ、豆粒ほどにしか見えない法王さまを広場から
    見つめながら、今か今かと日本語の順番を待ちわびていました。

    「あれっ、今の日本語だった・・・のかな?」

    お疲れもあったのか、語学堪能なヨハネ・パウロ2世とはいえ聞き取りやすい
    日本語でなかったのが残念。

    広場に集ってくる外国人たちは、結構あれを楽しみにしていたんですね。
    自国の言葉で法王が言われたあと、国旗を振って歓喜していたのが印象的でした。

    そもそも復活祭とは、イエス・キリストの復活日にそれを祝う宗教行事です。

    実はクリスマスのように、「毎年この日」と決められているのではなく、年毎に変わる
    移動祝日です。
    「春分の日以降の最初の満月のすぐ後の日曜日」、というのがその規定。
    今年は、3月27日が満月でしたから、その直後の日曜の昨日が復活祭だったのですが、
    来年2014年はぐっと遅くなり、4月20日です。

    宗教離れが著しいイタリアですが、クリスマスと復活祭だけは盛大にお祝いします。
    クリスマスは家族そろって食卓を囲み、復活祭は好きな人と過ごす、というのが
    イタリア流です。
    (もっともどちらも家族で過ごす人が圧倒的に多いかとは思いますが・・・)

    復活祭に欠かせないイタリアのお菓子といえば

    まずこの大きなチョコレートの卵。






    中が空洞の薄いチョコレートで、特注で中にサプライズプレゼントを入れることも
    できます。

    綺麗なセロハンで包まれた大小さまざまな種類が、この時期
    スーパーやお菓子屋さんの店頭を飾ります。

    また、コロンバ(colomba)と呼ばれるこんなケーキも出回ります。




    これは何を表しているかお分かりですか?

    実は、鳩の形になっています。
    コロンバとはまさに鳩を意味しますが、聖霊の象徴、平和の使者の鳩が
    復活祭に各家庭を訪問するんですね。

    中にアーモンドが入っていた記憶がありますが、「おいしいっ!」って程では
    なかったような・・・
    クリスマスのパン・ドーロは何個も買って食べましたが、コロンバは買わない年のほうが
    多かったです。

    最後に宗教的なことをちょっとご紹介しておきましょう。

    復活祭前の1週間は、「聖なる1週間」という特別の期間にあたります。

    まず「聖木曜日」。
    この日は、イエス様が弟子達と最後に夕食を共にされた晩です。
    ダヴィンチの「最後の晩餐」の場面ですね。
    この後、ユダに裏切りにあいイエス様は捉えられます。
    ローマでも多くの教会が、祈りを捧げに来る信者のために一晩中
    灯りをつけて開放されていました。

    翌日は、イエス様がゴルゴダの丘で磔刑された日、亡くなった日です。
    重い十字架を背負って、処刑場に向かうイエス様の受難を思い起こす、
    ということで、今でも住民がイエス様に扮した受難劇を行っている町や
    村もあります。

    首都ローマでは、この日の夜特別なミサが開かれます。
    場所は、なんとコロッセオ。



    コロッセオ


    ローマ時代は闘技場として、たくさんの人間や動物が犠牲になった場所ですが
    1800年代初頭、コロッセオの大々的な補修工事をしたのをきっかけに
    教会に転用されました。
    サン・ピエトロ大聖堂改築の際、大量の石材がコロッセオを崩して運ばれていった
    ことへのお詫びをこめているのかもしれませんね。

    以前はコロッセオの2階のアーチの一つに法皇様がお立ちになり、
    集ってきた信者たちにメッセージを伝えていましたが、
    現在はコロッセオとなりにある、古代ローマの神殿「ローマの女神の神殿跡」
    で儀式を執り行っています。

    なぜか、復活祭が近づくと天候不安定になることが多く、
    私の記憶でも、一度は強風と大雨、また気温の急激な低下など、
    まさに受難を偲ぶのにぴったりの気候だったという印象が強いです。

    聖書によると、息絶えて3日後にイエス様が復活なさる、とあるので
    金曜から数えて3日後の日曜日が復活日となるわけです。

    復活祭翌日のパスクエッタ(pasquetta)は、イタリアではピクニックに行く
    習慣があります。

    私も友人達に誘ってもらい、「イタリア版なべっこ遠足」を楽しんだことがあります。



    picnik



    大きな鍋で茹でたシンプルなトマトソースのパスタと
    大量のお肉でバーベキュー!

    普段はローマはミラノに住んでいる彼らは、生まれ育ったこの
    小さな村が一番ホッとする、と毎年必ずここに集るんですって。
    春の陽気の誘われ、笑顔の絶えない平和なパスクエッタでした。




    1

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
      SAO 2016 参加者。
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      涼たた
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      akiko

    profile

    書いた記事数:79 最後に更新した日:2017/11/11

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    ローマ公認観光ガイド