ブログ

高橋マネージャーのおしゃべりコーナーその18

0

    (18)第25回ワンランク上のイタリア文化サロンに

        ついて

     

        まずは、大事なお知らせから始めます。

     

        第25回ワンランク上のイタリア文化サロンの

        お知らせです。

        日時は、9月8日(日)または9月13日(金)

        内容は同じですから、ご都合の良い日をお選び

        ください。

        どちらも 13:30〜15:00 です。

        会場は、秋田市木内デパート正面玄関向かいの

        サンテボーテほほ です。

        参加費は、ドリンクとスウィーツが付いて、

        2,000円です。

        テーマは芸術の秋にふさわしい

        「教会美術の楽しみ方」 です。

        イタリアにあまたある教会の建築スタイルや

        宗教絵画の見方など、教会巡りが楽しみになる

        ポイントをわかりやすくご紹介いたします。

        たくさんのご参加をお待ちしております。

     

        さて、ここからはとても私的な事ですので、

        (まあ、このコーナーはいつもそうなのですが)

        時間のある方、のんびりお読みください。

     

        「教会」で思い出すのは、大学の

        「ヨーロッパ文学」という科目です。

        大学生の時というだけで、

        何年生の時か、

        一般教養の科目だったのか、専門科目だったのか

        もはやはっきりしません。

        (40年ほど昔になるんですね(苦笑))

        でも、不思議なもので、先生のちょっとした一言 

        (それもたいていの場合は、雑談の中の台詞)は

        覚えていたりするんですよね。

     

        「ヨーロッパ文学」は、金曜日の4限目でした。

        大学の授業は、1コマ90分で、

        4限目は終わると5時くらい。

        私たちの大学は当時から週休2日で、

        次の日の土曜日はお休み。

        となると、

        金曜の夜は、都心まで遠征して遊ぼうと思うのが

        当たり前。

        登録してもサボる人がだんだん多くなり、

        やがて気がつくと、少人数の授業に。

        それでも先生は、黙々と一人お話を続けた

        ものでした。

        失礼なことに、お名前は忘れてしまいましたが、

        めがねをかけた、作家の遠藤周作のような

        (もう故人ですので、このたとえは

         理解されますかね?)

        ちょっとダンディーな初老の先生でした。

     

        そんな中で、私は珍しくサボらなかった!?

        それは、私が真面目な学生だったからではなく、

        先生の雑談が、とっても面白かったから。

        田舎から上京していって

        受験勉強の教科としてしか

        英語を見ていなかった私は

        面白い話を聞いて、新しい知識を得て、

        一週間を閉める。

        ただ、そうしたかったんですね。

     

        扱ったのは、ダンテの「神曲」。

        先生が読んで訳して、解説してだったので、

        生徒は聴いてメモを取っていくだけ。

     

        脈絡なく思い出すのですが、

        (雑談ですから)

        「他人の悪口を言いながら、食べる飯は

        ほんとにうまいんだな」とか。たぶん

        地獄に墜ちる様々な罪の話の中での

        言葉だったと思いますが、

        思わず吹き出して笑ってしまって、

        少人数の中で恥ずかしかったなあ。

     

        「天国への道は狭い」。

        これは「神曲」があまりに長くて

        最後の「天国篇」まで完読する人が少ない、

        それは、「源氏物語」の「宇治十帖」まで

        読む人が少ないのと同じ、なのだ、とか。

         

        数個覚えているフレーズの中に

        「ヨーロッパの教会は、私は信仰はないけれども

        あまりに立派で、思わず祈りたくなる」

        という言葉。

        そして、その時読んでいた「神曲」では

        ダンテが、彼を地獄から天国へと導いてくれる

        ベアトリーチェとフィレンツェで出会うのです。

        フィレンツェ!「花の大聖堂」!

        何にも世界がわかっていない田舎娘は

        数名しか生徒がいない、薄暗くなった教室で

        雷に打たれたように凄い衝撃を受けたのでした。

        「フィレンツェに行かなくちゃ、、、」

        その時からフィレンツェへあこがれる気持ちは

        始まったのでした。

     

        大学生の時に始まったイタリアへの憧れと

        クリエイション・マキの仕事をしている現在は

        不思議な縁でつながっているような気が

        時々します。

        そして、面白い話を聞いて新しい知識を

        得る、ということは土田代表のおかげで

        脈々と続いているわけです。

     

        こう読んでこられて、「神曲」って何?

        全然書いてないではないか!?と思われた方、

        申し訳ありませんが、どうぞご自分でお読み

        ください。

        雑談の数フレーズとおおざっぱ過ぎる

        あらすじしか

        私の記憶には残っていないのですから。

        要所をつかみたい方には、阿刀田高の

       「やさしいダンテ〈神曲〉」をお勧めいたします。   

         

      


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナーその15
      caruso
    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その1
      stella
    • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
      SAO 2016 参加者。
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      涼たた
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      akiko

    profile

    書いた記事数:113 最後に更新した日:2020/01/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    ローマ公認観光ガイド