ブログ

シチリア・マルタツアーレポート(5) ヴァレッタ市街散策編

0

    2019年5月21日(火)

    2日目 マルタの午後

     

     

     

     

    終日観光の予定だったマルタは

     

    フランクフルトでの足止めハプニングで

     

    「マルタ騎士団長の宮殿」と「マノエル劇場」は割愛せざるを得なくなった。

     

     

     

     

    考古学博物館で『眠れる貴婦人』を堪能した後は、

     

    ヴァレッタ市街をゆっくり散策。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    一本裏通りは人の数もまばら。

     

     

    両側にはマルタストーンの建物が並んでいる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なだらかな坂道を上り終えると

     

    視界が開けた広場にでた。

     

     

     

     

    堂々としたバロック建築のこの建物は

     

    オーベルジュ・ドゥ・カスティーユと呼ばれ、

     

    かつてのスペイン・ポルトガル出身の騎士団の宿泊所として建設されたもの。

     

     

     

     

    現在は、マルタ共和国の首相官邸として使われている。

     

     

     

    首相専用車が止まっていたので、

     

    「まもなく出てくる首相に会えるかも・・・!」

     

     

     

    とのガイドのMさんの言葉に

     

     

    恒例の集合記念写真撮影などして時間をつぶしたが、

     

    ついに首相は現れなかった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    首相専用車はイタリアが誇る高級車のアルファロメオでした!

     

     

     

     

     

     

    首相官邸前で今回初の記念集合写真!

     

     

     

     

     

    官邸を左手に見てさらに進むと

     

    そこは、ヴァレッタ随一のパノラマが楽しめる、アッパー・バラッカ・ガーデン

     

     

     

    またの名を『イタリアの見晴らし台』というのは、

     

    かつてイタリア人騎士団員の息抜きの場だったから、とか。

     

     

     

    イタリア人、いい場所を占領?しましたね!

     

     

     

     

     

     

    入口を進むとまず一面のお花が出迎えてくれます

     

     

     

     

     

    当時は屋根がついていた1661年建設のオリジナルの柱廊の向こうの絶景に向かって進む

     

     

     

     

     

     

    グランドハーバーと対岸のスリーシティーズ
    毎日12時と16時に下に見える大砲から兵士たちが空砲を発射する。

     

     

     

     

     

     

     

    左手にのびる要塞都市ヴァレッタの眺望

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    遠くまでずっと続く、「はちみつ色」のモノトーン。

     

     

     

     

    一瞬、アラブの都市と錯覚しそうになる。

     

     

     

     

    が、よく見ると、ポコポコと教会のクーポラが入り混じることに気づき、

     

    そうか、ここはヨーロッパだったんだ、と

     

    空想から現実に引き戻されるような感覚を持つのは

     

    私だけだろうか。

     

     

     

     

     

    これこそがまさに

     

    マルタでしか見られない、

     

    感じられない、

     

    オンリーワンだ、と改めて感じた。

     

     

     

     

     

     

    スリーシティーズを背景にマルタ上陸記念第2弾!

     

     

     

     

     

     

     

     

    陽も大分傾むき観光終了。写真右手はかつてのロイヤル・オペラハウス跡

     

     

     

     

     

     

     

    かなり前衛的なマルタ共和国の国会議事堂

     

     

     

     

     

     

     

    美しいカーマライト教会のクーポラと対岸のスリーマのリゾートホテル群。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナーその15
      caruso
    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その1
      stella
    • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
      SAO 2016 参加者。
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      涼たた
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      akiko

    profile

    書いた記事数:110 最後に更新した日:2019/11/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    ローマ公認観光ガイド