ブログ

シチリア・マルタツアーレポート(6) 恐るべしマルタ人の胃袋

0

    2019年5月21日(火)

    ヴァレッタの昼食と夕食

     

     

     

     

    今回はマルタの食レポート

     

     

     

    空港からホテルに入るや否や

     

    厨房が閉まる前にと

     

    あわただしく、聖ヨハネ大聖堂近くのカジュアルなレストランに滑り込んだ。

     

     

     

     

    お腹もまあまあ空いているし

     

    どんなマルタ料理に出会えるのか、楽しみ!

     

     

     

     

    ドリンクオーダーが終わるとほどなくお皿が出てきた。

     

     

     

    どーん!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    因みにこれは一人分。

     

     

     

     

    まるで大皿料理のような量だ。

     

     

     

     

    手前から時計反対周りに

     

     マルタのポークソーセージ (ツァルツェット・マルティ)

     

     

    カポナータ風野菜の煮込み

     

     

     オリーブ7,8粒

     

     

    豆類とひき肉と野菜のペーストのようなもの(だったと思う)にクラッカー

     

     

     

     

    シンプルなトマトの輪切りにホッとする。

     

     

     

     

     

     

    クラッカーの枚数も相当なもの。カポナータの横にチーズもあったようだ。ヤギチーズだったかも。

     

     

     

     

    味は悪くない。

     

    色からすると濃い味のように見えるが、

     

    それぞれが微妙に異なるハーモニーを奏で

     

    見た目同様に素朴さが口の中に広がる。

     

     

     

     

    でも、あまりのボリューム

     

    なかなか、はしフォークが進まない!

     

     

     

     

    もう一つのテーブルも

     

    反応は同じで、お皿が空になった人はまだいないようだ。

     

     

     

     

    「下げてもいいですか?」と、ウエイトレスがお皿を片付ける。

     

     

     

     

    と、ほどなくして次の皿が・・・・

     

     

     

    「え、えっ??」

     

     

     

     

    なんと、前の皿よりもさらにボリュームのある二皿目が運ばれてくるではないか!

     

     

     

    ということは、さっきのは前菜?

     

     

     

     

     

     

    奥にみえるのが、マルタで最もポピュラーなソフトドリンクのキニー(kinnie)
    いわばオレンジフレーバーのコーラ。

     

     

     

     

     

    これもまた一人分。

     

    イタリア料理の量の多さに慣れている私も、

     

    さすがにこれにはビックリ!

     

     

     

    あの前菜を食べた後に

     

    これに挑める人がいるんだろうか?

     

     

     

     

    カリフラワーやインゲン、ニンジンなど

     

    彩り野菜のソテーとローストポテトの量もさることながら、

     

    メインの肉料理の大きさと言ったら、

     

    優に二人分はある。

     

    いや、3人で食べても多いくらいだ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    高さ5,6センチはあろうかと思われる俵型の肉巻きの中に

     

    これでもかっ、と

     

    ひき肉やゆで卵がぎっしり詰まっている。

     

     

     

    これはもしかしたら、

     

    「ブラジオリ」(Bragioli)という

     

    マルタのポピュラーな肉料理かも。

     

    薄切り牛肉でひき肉その他を巻いたワイン蒸し煮、と解説されている。

     

     

     

    たしかに

     

    伝統的マルタ料理のランチ、とリクエストは出したが

     

    まさか、お昼の時間にここまですごい量で出てくるとは全く想像していなかった。

     

     

     

     

    こちらも

     

    お肉にお味がしっかりしみ込んでいて、

     

    どちらかというと日本人好み、とは思うのだが、

     

    味わう前に

     

    視覚的ボリュームのパワーに圧倒されて

     

    胃袋が急に借りてきた猫のように

     

    おとなしくなってしまう。

     

     

     

    結局、グループの中で完食した人は一人もいなかった

     

     

     

     

    いや、一人いた!

     

     

     

     

    マルタ在住15年以上というガイドのM嬢。

     

     

    「皆さん、意外に小食なんですね~。」

     

    「マルタにいるうちに私、大食いになったのかなぁ~?」

     

     

     

    マルタに住むのはどうやら楽ではなさそうだ!

     

     

    レストラン情報:Luciano  21-22  Marchant St. Valetta

     

     

     

     

     

    夕食はホテルから徒歩圏内の

     

    やはり地元料理を出すレストラン。

     

     

     

     

    あんなに凄い量のランチだったので

     

    夕食は軽めに・・・を念頭にメニューを選ぶ。

     

     

     

     

    マルタは「ウサギ料理」が名物だったから、それも入れてみよう。

     

    でも量がわからない。

     

     

     

     

    お店の人に聞いてみると、

     

    味見程度なら11人で5皿くらいが妥当かも、と言うが

     

    直観的に

     

    5皿も頼んだら大変なことになる、と、思った。

     

     

     

    ウサギ煮込み2皿の他、

     

    シーフードパスタやカプレーゼサラダなど

     

    明日イタリアで食べたらいいような

     

    軽めのお品をチョイスして、夕食スタート。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最初に出てきたスープは激うま!

     

    特にキノコのスープは、黒っぽくてさえない色からは

     

    想像もできないほど、

     

    文句なしの絶品◎!!(残念ながら写真撮り忘れ)

     

     

     

    ただし、量も絶品。

     

    大きめのカレー皿に8分目強ほど盛られていて、

     

    見ただけで圧倒されるのは、昼とおなじだ。

     

     

     

     

     

     

    続いてこちら。

     

     

     

     

     

     

     

     

    小土鍋みたいな器にたっぷり入っていたウサギと野菜の煮込み

     

     

     

     

     

    良かった、お店の人のアドバイスに従わなくて・・・・

     

     

     

     

    味みにひとり一切れづつ食べて、それでもまだ残っている。

     

     

    一皿分で十分のボリューム。

     

     

    ウサギさん、ごめんなさい(笑)

     

     

     

     

     

     

     

    カプレーゼサラダはトマトとモッツァレッラが垂直に。ところ変われば盛り付けも変わる?!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    殻着き、殻無しの貝やエビなどシーフードがいっぱい入った魚介パスタはアルデンテではなかった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    マルタの夜に乾杯!

     

     

     

     レストラン情報:Meat Gang  South St. Valetta

     

     

     

     

     

     

    ホテルに戻ってから、屋上テラスに出てみた。

     

     

     

     

     

    ネオンがともらない街全体が、夜本来の静かな闇に包まれ、

     

    その中で

     

    昼間訪れた聖ヨハネ聖堂だけが

     

    オレンジ色のライトに浮かび上がっている。

     

     

     

     

    マルタ最初で最後のやわらかい夜。

     

     

     

     

     

    あすはいよいよシチリアだ。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナーその15
      caruso
    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その1
      stella
    • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
      SAO 2016 参加者。
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      涼たた
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      akiko

    profile

    書いた記事数:113 最後に更新した日:2020/01/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    ローマ公認観光ガイド