ブログ

シチリア・マルタツアーレポート(9) 古都シラクサの旧市街散策

0

    2019年5月22日(水)

    シラクサの旧市街オルティージャ島を歩く

     

     

     

     

    シラクサが大ギリシャ最大の植民地として栄えたのは紀元前4,5世紀ころ。

     

     

    その頃の人口は30万人ほどだったらしいから、

     

    現在の秋田市くらいということになる。

     

     

     

    そして、

     

    そんな時代のシラクサを舞台として書かれたのが、

     

    太宰治の小説「走れメロス」だ。

     

     

     

     

    ところで、シラクサが世界に誇る超有名人は、といえば・・・

     

     

     

    そう、あの古代の偉大なる数学者アルキメデス

     

     

     

     

    旧市街を歩きながら、

     

    そんな古代に想いを馳せることができるのも

     

    シラクサの魅力といえそうだ。

     

     

     

     

     

     

    この橋を渡ると旧市街のオルティージャ島。

     

     

     

     

     

     

    前方に広がるのがシラクサ本土から突き出たオルティージャ島。橋の長さは50mほど。

     

     

     

     

     

    橋を渡り終えるとほどなくパンカーリ広場に出た。

     

     

     

    広場の前に広がる、

     

    黒い柵で囲まれた野原は

     

    かつてアポロ神殿がそびえていた場所だ。

     

     

     

     

     

    紀元前6世紀末に建てられたアポロ神殿の遺構。

     

     

     

     

     

    シチリア最古のドーリア式神殿だったらしいが、

     

    現在は

     

    ご覧のように

     

    基壇と内陣の厚い石壁、そして

     

    何本かの太い柱が点在するだけで、

     

    往時の姿を想像するのもむずかしい。

     

     

     

     

    ここから趣のある小路が何本も伸びる地区に進む。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こちらは2016年に訪れた際に撮影した1枚。

     

     

     

     

     

     

    ゆっくり歩いて5分もしないうちに前方の視界が開けた。

     

     

     

     

    イタリアの宝石と称される美人女優モニカ・ベルッチ主演の映画「マレーナ」で、

     

    主人公の少年と彼女がすれ違うあの広場だ!

     

     

     

     

     

     

    ふたりがすれ違った町の中心「ドゥオーモ広場」

     

     

     

     

     

     

     

     

    映画と同じドゥオーモ広場で記念撮影。映画と違って人影まばらで、ほぼ独占状態。

     

     

     

     

     

    島の中心に建つ白亜のドゥオーモは、

     

    青空に向かってすくっとそびえ、まさに広場の顔だ。

     

     

     

    残念ながら縦に修正できず(泣)青空と白亜のコントラストが美しい。

     

     

     

     

     

    広場全体が

     

    こんなにも開放的で

     

    垢ぬけているのは、

     

    バロック様式のドゥオーモのおかげにほかならない。

     

     

     

     

    外観の明るさとは対照的に

     

    中に入ると

     

    かなり薄暗い。

     

     

     

     

    ここは

     

    紀元前5世紀に

     

    アテナ神殿が建っていた場所で

     

    神殿に使われていた何本もの太い柱は、

     

    そのまま現在の聖堂の列柱になっている。

     

     

     

     

     

     

    正面の祭壇側が神殿時代は入口だった。宗教が変わると同じ建物でも正面の向きが変わるわけだ。

     

     

     

     

     

     

     

    ドゥオーモ広場の南端に立つサンタ・ルチア・アッラ・バディア教会(正面)

     

     

     

     

     

    サンタ・ルチア・アッラ・バディア教会の祭壇画は、

     

    マルタからこの地に逃げてきたカラヴァッジョの手によるもので、

     

    ここで終焉を迎えた聖女ルチアを埋葬する場面が描かれている。

     

     

     

     

     

     

     

    清楚な教会内部の祭壇画「聖ルチアの埋葬」/参照Secret Siracusa

     

     

     

     

     

    実は、シラクサの守護聖人は、

     

    あのナポリ民謡で有名な「サンタ・ルチア」こと聖女ルチア

     

     

     

     

     

    シラクサの裕福な家に生まれた彼女は

     

    結婚を拒んだため婚約者からキリスト教徒と訴えられ、

     

    様々な拷問の末、

     

    西暦304年12月13日にシラクサで殉教したと伝えられている。

     

     

     

     

     

     

    画像参照 Siracusa Turismo

     

     

     

     

     

     

    「目」をえぐり取られた(自らえぐり取ったという説もある)、ということから

     

    シラクサのみならず、すべての視覚障害者の守護聖人であり、

     

    またルチアの語源は光を意味することから、

     

    スゥエーデンなど北ヨーロッパの国々では

     

    1年で最も日が短い、この聖女ルチアの殉教の日12月13日を

     

    聖ルチア祭」として祝うらしい。

     

     

     

    聖女に「もっと光をください!」と祈りをささげる日、

     

    ということなのだろう。

     

     

     

     

    ランチタイムの後、ふたたび旧市街を散策。

     

     

     

     

    ドゥオーモ広場に面した建物の一つで

     

    たまたまカラヴァッジョの個人蔵作品を展示していた。

     

     

     

     

    普段はアメリカにあるらしいから、これは本当にラッキーな出来事だった!

     

     

     

     

     

     

    アメリカの個人蔵のカラヴァッジョ作品「聖アンドレアの殉教

     

     

     

     

     

     

    ドゥオーモ広場から先に延びる小路を進むと前方に海が見えてくる。

     

     

     

    イオニア海だ。

     

     

     

    明るい水色の空と

     

    やわらかな海の青を見ていると

     

    のんびり平和な気分になってくる。

     

     

     

     

     

     

     

    妖精が姿を変えたという伝説が残る「アレトゥーザの泉

     

     

     

     

     

    海のすぐ脇だというのに

     

    泉から湧く水は淡水だ。

     

     

     

    中央に元気よく茂るのは、パピルス。

     

     

     

     

    なんか異国情緒で、癒されるなぁ。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナーその15
      caruso
    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その1
      stella
    • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
      SAO 2016 参加者。
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      涼たた
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      akiko

    profile

    書いた記事数:116 最後に更新した日:2020/06/07

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    ローマ公認観光ガイド