ブログ

第11回イタリア文化サロン「シチリア、見て・食べて・歩いて!」開催ご案内

0
    すっかり間が空いてしまいました。
    気が付けばもう3月も半ば。
    ミモザの日「国際女性デー」の3月8日も終わり、
    早くも次なる行事の復活祭(Pasqua)が2週間後に迫っています。

    そんな中、2016年最初のイタリア文化サロンを開催いたします。

    今回のテーマは「シチリア島」。



    長靴の先っちょ、まるでつま先にちょこんと置かれた石ころのような
    二等辺三角形の島です。島といってもその広さは、四国と九州の
    中間くらいで、地中海では最も大きな島です。

    かの有名なアルキメデスは、ギリシャ人として知られていますが、
    彼が住んでいたのは実はシチリア島のシラク-サという町。
    2300年前のシチリアは、ギリシアの本土外の領土だったんですね。

    地中海の真ん中に位置するために
    「中心を制するものは全てを制す」の原理で
    ギリシア人、ローマ人、アラブ人、ノルマン人など
    様々な民族の支配を受けてきました。

    そのため、年月をかけて多様な足跡が混じりあった結果の
    イタリア本土とは異なる独特の文化が残っているのが
    シチリアの最大の魅力といえます。




    ギリシアで見る以上に保存状態の良い神殿や野外劇場
    モスク風の丸い屋根がかかった教会、
    都市の中に迷路のように伸びる、ヨーロッパとは雰囲気の異なる路地。

    そして、島全体がイタリア一といってもいいくらいのグルメランドです。

    とろけたチーズが入ったライスコロッケの「アランチーニ
    海の恵みの豊かさがもたらす「イワシのパスタ




    スイーツも豊富で、
    本物そっくりの色鮮やかなフルーツをかたどった「マルトラーナ」、
    シチリア発祥(アラブ起源と言われる)で今ではイタリア中に広がった「カンノーロ
    古代アステカ王国の製法を受け継ぐ世界的に有名な「モディカチョコレート」などなど、
    枚挙にいとまがないほどです。


     


    それにこの時期は、日本でも大人気の赤い果肉のオレンジ
    シチリア各地で収穫されます。

    そんなシチリアの魅力を
    歴史・建物・観光ポイント・食など
    様々な角度からご紹介させて頂く予定です。

    今回初めてコラボするのが、
    お洒落な外観と美味しいコーヒー、また絶品手作りケーキで人気の
    仲小路コーヒー」さん。
    どんなケーキが出てくるか楽しみですね!


    日時  3月19日(土) 10:00〜12:00

    場所  仲小路コーヒー
        秋田市中通2−1−48 仲小路ビル1F  tel  018-853-0730

    参加費 1600円(ドリンク・ケーキ代込)

    参加申し込み締め切り  3月17日(木)

    お問合わせ、お申し込みは makitsc@kif.biglobe.ne.jp
    まで。

    シチリアの魅力が一人でも多くの方に伝わることを願っております。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その1
      stella
    • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
      SAO 2016 参加者。
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      涼たた
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      akiko

    profile

    書いた記事数:97 最後に更新した日:2019/05/14

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    ローマ公認観光ガイド