ブログ

チェファルーの午後

0
    1日目 4月24日(日) 午後 チェファルー Cefalu'



    州都パレルモから車で1時間ほど海沿いを東に走ると、

    大きな岩山の裾に広がる町、チェファルーが見えてきます。



    小さな漁村チェファルーの名を世界に知らしめたのは、

    この町の司教座教会である「チェファルーの大聖堂」で、

    内陸の町モンレアーレの大聖堂と共に昨年2015年に世界遺産に登録されました。


    バスは町はずれのパーキングに入り、

    そこから海岸沿いを散歩して旧市街に向かいます。





    青空が続く気持ちの良い下り道ですが、とにかく風が強い!

    その昔ルッジェーロII世が、艦隊を引き連れてナポリ方面から帰る途中嵐に遭遇し、

    このあたりで遭難しそうになった、

    という伝説もうなずけるほどの荒波が眼下に打ちつけます。





    ようやくこの地に漂着して命拾いしたので、

    感謝を込めて聖母に奉納したのが現在の大聖堂、とはなるほど現実味があるお話です。




    旧市街に入りると、狭い通りは午後の散歩を楽しむ人たちでいっぱい。






    クルマも隙間なくびっしり駐車していました。





    食料品店の奥のハム、チーズ売り場。

    レストランではなく、こちらで好みのパニーノをオーダーして海辺のランチもあり・・?!


     


    海水浴シーズンにはまだ早いですが、

    こんなのんびりしたビーチでくつろぐのは、楽しそうです!







    通り沿いのアーチの向こうに海が見える



    以前某TV番組でも紹介されていたのがこちら、「中世の洗濯場」。





    通りから階段を下りていくと、石の水槽にきれいな水が溜まっていました。





    山の水を引いているそうですが、さほど冷たいわけではなく、

    でも水槽の底がはっきり見えるほど透明でした。

    小さな漁村の往時のコミュニティスペースでは、一体どんな会話が飛び交っていたのでしょうか?




    ここからマンドラリスカ通り(via Mandralisca)を大聖堂に向かって進みます。



    通りの先に見えるのは大聖堂の鐘楼の一つ





    シチリアの伝統馬車の可愛い絵が描かれたタイル製のピザ屋の看板




    そして正面に「チェファルーの大聖堂」が現れました。


     


    外観はいかにもノルマン建築といった風貌で、

    堅固な石積みが素朴さを漂わせ、どっしりとした安定感が伝わってきます。

    この町のランドマークでもある大聖堂の2つの鐘楼は、遠くからでも確認できるほど。

    よく見ると左右の鐘楼のデザインが違うことに気づかされます。







    内部は非常に簡素な作りで、両側の壁は全く装飾がありません。

    パレルモのパラティーナ礼拝堂

    目にもまばゆい絢爛豪華さと比べると、180度の違いです。



    身廊と側廊を隔てる柱の上部アーチは先がとがったアラブ風。ここにもアラブ・ノルマンの融合が。


    その分、後陣のアプスを飾るモザイクが一層引きち、存在感を放っていました。



    威厳と寛大さを併せ持つ「全知全能のキリスト/パントクラトール」。下段は「聖母と4大天使」。



    ルッジェーロII世は、大聖堂を王家の廟にしてこの地で眠りにつくことを願っていましたが、

    パレルモの大司教の反対にあい、その夢は叶いませんでした。

    パレルモから70キロも離れているこの小さな町に

    遠くからでも人々が訪れるのは、

    心地よいビーチ、素晴らしい聖堂建築とモザイク、風情ある旧市街の魅力は勿論のこと、

    チェファルーに特別の想いを寄せていたルッジェーロII世が

    私たちを引き寄せるからかもしれない、と

    ふと思いたくなりました。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナーその15
      caruso
    • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その1
      stella
    • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
      SAO 2016 参加者。
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      涼たた
    • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
      akiko

    profile

    書いた記事数:101 最後に更新した日:2019/06/30

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    ローマ公認観光ガイド