ブログ

高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その9

0

    (9) ワンランク上のイタリア文化サロン in 大曲

     

       この頃寒くなりましたね。

       朝起きて、外を見ると雪がうっすら積もって

       いたりして。ちょっと冬っぽい

       書き出しですが、、、

       でも、日中は気温が上がり、日差しがでて

       雪は消える。

       春の高校野球も始まっているし、

       プロ野球も開幕。

       秋田もふきのとうがあちこちで見られるし

       確実に桜の季節に近づいています。

       やっぱり、わくわくしますね。

     

       クリエイション・マキとしてわくわくする事。

       クリエイション・マキのチャレンジの一つ。

     

       ワンランク上のイタリア文化サロンを大曲で

       開催することになりました!!!

     

       秋田市以外では、初めての開催です。

       今回は専ら、その告知です。

     

       4月27日(土)、10連休の始まりの日です。

       午前と午後の2回、場所を変えて行います。

     

       10:30〜12:00 は、昨年オープンした

       大曲中通町の きりんの木 の2階の cozy にて。

       モダンでスタイリッシュな空間です。

       お洒落な時間になりそうです。

     

       14:00〜15:30 は、茶房 Batik にて。

       こちらは大曲大町にある歴史あるお茶屋さんです。

       ここは江戸時代へタイムスリップできそうな空間。

       午前と午後、対照的な場所ですが、どちらも

       素敵であることは間違いありません。

     

       内容は同じですので、ご都合の良い方で

       ご参加いただければ、嬉しいです。

     

       タイトルは

       「映画の故郷を訪ねて〜シチリアとマルタ」

     

       シチリア島とマルタ島、どちらも観光地として

       人気の場所ですが、数々の映画のロケ地としても

       有名です。

     

       今回は映画を切り口に、二つの島の歴史や文化

       や職の魅力をたっぷりとご紹介いたします。

     

       参加費は、ドリンク・スウィーツ付きで

       2,000円です。

       

       10連休と行ってもどこにも行く当てもないなあ

       と思っているならば、

       日常からしばし離れて、ご一緒にイタリアを

       味わってみませんか? 

       皆様のご参加をお待ちしております。

     

       お申し込みは

       メールは、  makitsc@kif.biglobe.ne.jp

             電話は、  080-6041-3040 土田まで

       お願いいたします。

     

      

          


    高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その8

    0

      (8) 大人のヨーロッパ街歩き

       

          まずは、御礼申し上げます。

         3月10日と3月15日にクリエイション・マキが開催

         しました第23回ワンランク上のイタリア文化サロンに

         たくさんの方々においでいただき、たいへんありがとう

         ございました。

       

          とても嬉しいことに、毎回、このサロンへの参加者が

         増えています。

         

          このサロンでは、忙しい日常をしばし離れて、

         その回のテーマに沿った土田代表のお話を通して、

         イタリアについてそれまで知らなかった何かを知り、

         イタリア気分を味わいながら、楽しい時間を過ごして

         いただく会を目指してきました。さらに、より充実した

         内容で、皆様に楽しんでいただけるように、努力して

         いきたいと思います。

       

          次回は6月。緑も深くなっている季節。

         タイトルは「古代ローマの面影」。ごいっしょに

         古代ローマにしばし思いをはせてみませんか?

         興味深いお話と美味しいスウィーツを用意して

         ご参加をお待ちしております。よろしくお願い

         いたします。

       

          さて、土田代表の仕事のお手伝いを始めて、

         いや、その前からですね、私はヨーロッパが

         好きで、旅チャンネルなどでヨーロッパを

         扱う番組は録画して観ていました。

       

          旅チャンネルで見ていた「大人のヨーロッパ街歩き」。

         先日、BS日テレで放映されて、内容はイタリアは

         シチリア島の「シラクーサ」。ナビゲーターの白石美帆さんが

         その街のスペシャリストさんとシラクーサを街歩きでした。

       

          スペシャリストさんというのは、その街で暮らしている

         日本の方なのですが、どの女性も滑らかでかつ聞き取りやすい

         トークと、紹介するお店が素敵でいつも感心して観ています。

         そして、その生き生きした様子を見ると、世界の中でご自分の

         住むべき場所と出合ったのだなといつも思います。

       

          5月のツアーでも訪れる予定ですし、土田代表一押しの

         映画「マレーナ」の撮影場所でもあるシラクーサ。

          何気なくTVを見ると、黄みがかったアイボリー色の

         とてつもない大きさの建物。何、この大きさ?

          そばにいる人間が米粒のよう、というのは

         大げさですが、ここを写真に収めるためにはどれだけ

         離れなければいけないのだろう?全貌がつかめません。

          圧倒的な大きさ、一目でわかる歴史の長さ、そこから

         醸し出される荘厳な雰囲気。古代の人間が作った物とは思えない、

         しかし

         現代人だって作れるかといわれれば、どうでしょう?

          このような「すごい」としか言いようのない建造物の前では

         それを造ろうとした人間の権威とか信仰の強さとか、強大な力に

         圧倒されるだけです。

          

          そこに行って、幾世紀も立ち続けてきた柱に触ったら

         歴史の声が聞こえるのでしょうか?

          いや、その場に行ったら、気圧されてその前にひれ伏して、

         恐る恐る顔を上げれば、その高さに首が痛くなるほどで

         青空に先端が届いているかのようにどこまでも高い、

         そんな感じなのでしょうか?

         

          何のことを言っているのか、というと、シラクサ大聖堂、

         シラクーサのドウオーモです。TVで見るだけではなあ。

         何だかすごいこの建物を、実際に体感してみたくなりました。

       

          最後にツアーのPRです。私が心の底から圧倒された大聖堂

         を含め美しい古代都市シラクーサも旅程に入っているツアーが

         5月20日(月)出発で催行されます。詳細はこのHPのツアー

         紹介をご覧ください。 

         

          


      高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その7

      0

        (7)住んでみたい所

         

            前回、私の両親は、10年間

           あちこちを旅行したことを書きました。

           あれだけ行ったのだから、もう十分と

           思っていたのに、母は、

           「オーストラリアへ行きたい」と言い、

           娘としては、いいところを見せようと

           短期間、シドニーだけでしたが、

           連れて行ってきました。

         

            「シドニーと言えばオペラハウス」

           くらいしか知識がないまま行った

           オーストラリアでしたが、結果は

           非常に良かった。

         

            どのくらい良かったかと問われれば、

           「ここに住みたいと思ったくらい」

           と答えます。

            

            何が良かったのか?

           10年以上も前の事ですが、

           思い出す風景は、

           ほどよく都会で、伸び伸びとした

           さわやかな雰囲気の中、色々な

           人種が行き交っている通り。

         

            具体的に表現するのは

           難しいのですが、

           自分がどこの国の人間か、

           意識せずに、色々な人々が

           融合していて、なおかつ洗練され

           落ち着いた町並み。その中で

           感じた開放感と安心感と

           いったところでしょうか。

         

            街も刻々と変化し、あの時の

           あの雰囲気も今はもう変わって

           しまっているのかもしれません。

           

            それでも、住みたいと思える、

           自分にとって素敵な土地を訪れたことは

           人生のご褒美の一つだと思います。

         

            世界は広く、未だかつてないほどの

           膨大な情報を得ることができても、 

           未知の場所が数多くあります。

         

            何かの機会で知って、どうしても

           行ってみたいと思う場所に出会うことも

           不思議な縁です。

         

            皆さんは、イタリアのシチリアへ

           行ったことがありますか?

           その近くにあるマルタ島はどうでしょう?

         

            第23回目のワンランク上のイタリア

           文化サロンは、

           「映画の故郷を訪ねて〜シチリアとマルタ」

           というタイトルで、土田代表がたっぷりと

           二つのその島の魅力をご紹介します。

         

            このブログを読んでしまったのも

           何かのご縁ということで、このサロンに

           参加してみてはいかがでしょうか?

         

            開催は、3月10日(日) 同じ内容で

           3月15日(金)、時間はどちらも

           13:30〜15:00 です。

            場所は、木内デパート向かいの

           「サンテボーテほほ」です。

         

            10日(日)のお申し込みは、8日(金)まで、

           15日(金)のお申し込みは、13日(水)まで、

           電話 018-864-3040(土田)へ

           お願いします。

         

            おいしいスウィーツをご用意して

           ご参加をお待ちしています。

           

         



        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナーその15
          caruso
        • 高橋マネージャーのおしゃべりコーナー その1
          stella
        • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
          SAO 2016 参加者。
        • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
          涼たた
        • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
          akiko

        profile

        書いた記事数:98 最後に更新した日:2019/06/10

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        ローマ公認観光ガイド