ブログ

2017 北イタリアのプチバカンス9日間 ツアーの報告(4)ヴェローナ散策と野外オペラ「リゴレット」

0

    2017年7月6日(木) 3日目 午後)ヴェローナ観光と夜の野外オペラ鑑賞

     

     

     

    午前中のものすごい暑さと、ランチでふくらんだお腹のせいか

     

    バスに乗り込むと同時にお休みタイム突入。

     

     

     

    メッツォ湖を右手にヴェローナへ向かいます。遊覧船が遠ざかっていくのが見えました。

     

     

    ロンバルディア州のはずれに位置するマントヴァから

     

    ヴェネト州のヴェローナまでは小1時間の距離。

     

    ロミオが殺人を犯したあと

     

    ヴェローナから逃れて身を隠したのがマントヴァだったのですが、

     

    今でいえば州越しの逃亡ということになるんですね。

     

     

    午後のヴェローナの気温はさらに上昇し、予報はなんと37度!

     

    夜のオペラ本番に向けて体力を温存するため、

     

    当初の予定をショートコースに変更。

     

     

     

     

     

    カステル・ヴェッキオを背景に記念撮影。橋を渡ってお城の中を通り旧市街へ入る計画は断念。あつ〜い!

     

     

     

     

       エルベ広場でみた旧市内を走る観光列車?!

     

     

     

     

    エルベ広場とランベルティの塔。人気もすくない・・・

     

     

     

     

    観光の目玉の一つ「ジュリエッタの家」。今回は私もジュリエッタに触ってきました。ご利益は果たしていかに・・?!

     

     

     

     

     

    日傘を目印に持つヴェローナ在住のガイドさんを先頭にヴェローナ銀座をウインドーショッピング!

     

     

     

     

     

              ヴェローナ銀座散歩、ワンちゃんはそうだね。

     

     

     

     

               恋人たちの街にふさわしいハートのオブジェのベンチ。オシャレ〜!! 

     

     

     

     

     

    ブラ広場は車乗り入れ禁止区域。日陰のカフェでアレーナ(オペラ会場)を眺めながら食事をしている人も…

    17時ってことは、早めの夕食、それともおそ〜い昼食?

     

     

     

    それでも十分暑くて息苦しく、ホテルに到着した時は全員ヘトヘトでした。

     

    ホテルは4年前と同じマスティーノ(Hotel Mastino)で、

     

    オペラ会場まで徒歩5分という抜群の地の利です。

     

    レセプションの若い女性によると、

     

    数年前にあのプラシド・ドミンゴがヴェローナで公演した際

     

    このホテルに家族で泊まったとのこと。

     

    「とっても気さくでいい人だったわよ〜。有名人の気取りがぜんぜん無かった!」

     

    因みにホテルは、3つ星です。

     

     

     

     

     

     

              ホテルの荷物運搬車、小さくて丸っこいフォームがかわいかった!

     

     

     

    今回の滞在は、ホテル本館の通りを隔てた向かい側のオフィスビルの2階でした。

     

    ワンフロアすべてを最新の設備を伴った客室にリフォームしていて、広さも十分。

     

    なんでもこの日がオープン初日らしく、ロビーでウエルカムドリンクの歓迎を受けました!

     

     

     

    夕食は各自で済ませ、20時30分にロビー集合です。

     

    夏の野外オペラですからドレスアップしなくても大丈夫です、とお伝えしていたものの

     

    どうしてどうして、

     

    男性はワイシャツ

     

    女性は華やかなワンピースにショールと

     

    観光中のラフなスタイルとは一変した、世界に名高い野外オペラ鑑賞にピッタリの装いでした。

     

    とりわけご夫婦揃って和装のお二人が圧巻で、

     

    会場までの道すがらずっと、行き交う人たちの目をくぎ付けにしておりました!

     

     

     

     

     

     

    オペラ会場の古代闘技場アレーナの前で記念撮影。この後、後方に見える1番ゲートから入場しました。

     

     

     

     

    今晩のプログラムは、G.ヴェルディの代表作の一つ『リゴレット Rigoletto』です。

     

    初演は1851年3月11日。

     

    ヴェネツィアが誇るフェニーチェ劇場において

     

    38歳のヴェルディ自身が指揮をとったこの日の公演は拍手喝さいに包まれました。

     

    その後、ドイツ、オーストリア、イギリスなどヨーロッパはもとより

     

    アメリカでも大絶賛を浴び、

     

    ヴェルディの名を不動にした出世作と呼ばれるオペラ、と聞けば期待も膨らみます。

     

     

     

     

     

     

                             チケットを切ってもらい、中に進みます。

     

     

     

     

                    内部の赤いカーペットと赤い幕が、不思議とむき出しの遺跡にマッチしています。

     

     

     

     

    舞台背景は、午前中に見てきたあのマントヴァの宮殿。

     

    ゴンザガファミリーの肖像画に感動した「結婚の間」はあのあたりだったかなぁ、

     

    などど、ステージ上のサン・ジョルジョ城を関心をもって眺められるのも

     

    本物をみてきたからこそ!

     

     

     

     

     間もなく21時というのにこの明るさ。月が輝いていました。

     

     

     

     

    第3幕で歌われるマントヴァ公爵によるテノールのアリア「女心の歌」は

     

    オペラ通でなくても一度は聴いたことがある名曲中の名曲。

     

    このオペラは悲劇であるにもかかわらず、

     

    あまりにも有名なこのアリアの軽快でのびのびととした旋律に

     

    長いこと「リゴレット」は明るく楽しい内容だと思っていたのは、私だけ?!

     

     

     

               幕間の休憩タイムに1階席専用のスタンドで購入したスパークリングワインを片手にするRさん

     

     

     

     

                       ステージ真下のオーケストラボックス。

     

     

    21時に開演した全3幕の公演は、あいだに2回の休憩時間を挟み、24時少し前に終了。

     

    「女心の歌」の余韻が心地よいなか、

     

    少し涼しくなった夜のブラ広場を後にしてホテルに戻りました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    第17回イタリア文化サロン「イタリアのバロック芸術」のお知らせ

    0

      今年3回目のイタリア文化サロンは、

       

      芸術の秋を先取りして「バロック芸術」を取り上げます。

       

       

      「バロック」と聞けばだれもが、バッハやヘンデルに代表される

       

      「バロック音楽」を連想することと思います。

       

      ところが、バロック芸術とは音楽にとどまることなく、

       

      芸術という表現からもわかるように

       

      建築、絵画、彫刻、文学などあらゆる創作活動分野にまたがっています。

       

       

       


       

       

      16世紀の半世紀近くは、キリスト教内部の宗教的対立が続きました。

       

      新興勢力プロテスタント x ローマ法王を頂点とする従来のカトリック

       

      こうした背景を受けて、

       

      ローマ法王側のカトリック信者をプロテスタントに奪われないようにする政策

       

      まさにそれこそがバロック芸術でした。

       

      芸術で感動を与え、「やっぱり救ってくれるのはカトリックだ!」と信者に

       

      思わせるためのツールとして、建築、絵画、彫刻などが

       

      ローマからヨーロッパ中に広がっていったのです。

       

       

       

      ローマを訪れると古代ローマ時代の遺跡もたくさん残っていて、遺跡の街とおもわれがちですが

       

      現在私たちが目にするローマは、

       

      実はバロック発祥の地であり、街中いたる所にバロック作品が溢れる

       

      世界一のバロックの街」でもあるわけです。

       

       

       

       

      ということで、今回は

       

      イタリア、とりわけローマのバロック作品についてご案内してみようと思います。

       

      バロック彫刻の帝王とされるベルニーニ

       

      光と闇のドラマ性を展開し今なお多くの人を魅了し続けるカラヴァッジョ

       

      この二人を中心に

       

      バロックを代表するその他の彫刻、絵画、建築作品を取り上げます。

       

       

       

       

       

      今回は午後の開催にしました。

       

      ケーキはラ・フランスさんのフルーツ・タルトをご用意致します。

       

      美味しいティータイムと共にイタリアの芸術をたっぷりお楽しみいただけたらと思います!

       

       

       

       

       

       

       

      日時 9月10日(日) 13:30~15:00

       

      場所 サンテボーテほほ 秋田市千秋明徳町2−75

         木内デパート向い お堀沿い


      参加費 1700円 (ケーキ・ドリンク付き)

       

       

       

       

       

      お申し込みはクリエイション・マキのお問い合わせフォームからどうぞ。

       

      締め切り 9月8日(金)

       

       

      皆様のご参加をお待ちしております。

       

       

       


      2017 北イタリアのプチバカンス9日間 ツアーの報告(3)マントヴァ散策

      0

        7月6日(木) 3日目 午前)マントヴァ 

         

         

        700

        【italimagazine.comより転用】

         

         

         

        マントヴァは、今回の新企画です。

         

        オペラを「アイーダ」から「リゴレット」にしたのに合わせて、

         

        せっかくなら、夜のオペラの舞台になっているマントヴァを

         

        実際に見ておくのも面白そう、とコースに加えました。

         

         

         

        まだローマに住んでいた頃、一度プライベートで行ってみたことがありますが、

         

        半日足らずの短い滞在で

         

        名物の「カボチャのペースト入りトルテッリ」が

         

        期待していたほど美味しくなかったことしか覚えていません。

         

         

         

        しかし、カルチャースクールの「イタリア街歩き」講座で取り上げてみたら、

         

        さすがは「ルネサンスの才女」「ルネサンス一の美女」と謳われた

         

        イザベラ・デステ」の嫁ぎ先です。

         

         

                               【レオナルドダヴィンチによるイザベラ・デステのスケッチ】

         

         

         

        ゴンザガ家の居城だったドゥカーレ宮殿

         

        5世紀の長きに渡り増改築を繰り返すうちに

         

        なんと、部屋数が約500という、ヨーロッパ屈指の巨大宮殿になりました。

         

         

        芸術・文化に関心の深かったゴンザガ家は、

         

        特に初期ルネサンスを代表する当代一流の芸術家たちを次々とマントヴァに呼び寄せ、

         

        自らの居住空間にたくさんのフレスコ画を描かせる一方で、幾つもの建築物をオーダーしました。

         

        このうち宮殿装飾は、そのまま現在のドゥカーレ宮殿美術館の作品となって

         

        訪れるものを魅了し続けているのです。

         

        小国ながら、時代をリードするメセナ活動の第一人者だったのが

         

        イザベラ・デステらが輝いていた時代のゴンザガ家といえるでしょう。

         

         

         

         

                      2泊したヴェネツィアのホテルから専用ボートでバスが待つトロンケットに向かいました

         

         

         

        今日からはバスでの移動になります。

         

        11名で53席の大型バス1台ですから、ゆっくり!

         

         

            

        マントヴァは三方を人口の湖に囲まれているちょっと幻想的な街です。

         

         

        【panoramio.comより転用】

         

         

         

        ヴェネチアを出て1時間半ほど、サン・ジョルジョ橋の向こうにマントヴァが見えてきました。

         

        水の都ヴェネチアを出発して、再び水の街に戻るかのようです。

         

         

         

         

        サン・ジョルジョ橋から見えたマントヴァ

         

         

         

         

        まずは、今晩の予習を兼ねて「リゴレットの家」へ。

         

        オペラの中で宮廷のお抱え道化師として登場するリゴレットのイメージに合わせて、

         

        公爵の宮殿(ドゥカーレ宮殿)正面の簡素な14世紀の建物が

         

        リゴレットが暮らしていた家と呼ばれることになりました。

         

         

         

         

         

         

        ここから宮殿観光のハイライトとも言える、

         

        サン・ジョルジョ城の角の塔に位置する「結婚の間」に向かいました。

         

        マントヴァ侯、ルドヴィーコ3世(イザベラ・デステの夫フランチェスコ2世の祖父)が

         

        1472年にマンテーニャを宮廷画家として招き入れ、

         

        侯の謁見の間にふさわしい様に手の込んだ華麗なフレスコ画で装飾させた見事な一室です。

         

         

         

         

         

        ルドヴィコ3世(左から2人目)と妻のバルバラほかゴンザガ家の一族が並ぶ

         

         

         

        壁は四面すべてがゴンザガ一族ゆかりの場面からなる肖像画で、

         

        画集で見るのとは比べ物にならないほどリアルで迫力ある表情に

         

        すっかり虜になってしまいました。

         

         

         

        そして天井には、期待していたかの有名なフレスコ画。

         

         

         

         

        手前のプットーのプリプリしたお尻がキュート!見上げるとまるで空に向かって天井が開いているように見えます

         

         

        8人のプットーと5人の女性が青空を背景に上かこちらを見下ろす、

         

        初期ルネサンスの短縮法天井画の代表作を

         

        存分に味わうことができました。

         

         

        部屋は思ったより小さかったのですが、

         

        その狭さゆえに一層

         

        600年前のゴンザガファミリーの栄華が色濃く詰まっているような

         

        不思議な感覚に包まれました。

         

         

         

        正午で閉まってしまう前にと、このあと

         

        大急ぎでサンタンドレア(Basilica di S.Andrea)教会へ。

         

         

         

         

            外観同様すっきりとした内部はルネサンスの精神が息づいているかのよう

         

         

        「万能の人」と称えられたレオン・バッティスタ・アルベルティ

         

        ルネサンスの人文主義者であり、有能な建築(理論)家として知られています。

         

        彼が1470年にマントヴァを訪れた際に設計したのが、このサンタンドレア教会で

         

        16世紀のヨーロッパの全建築に影響を与えたとも言われる、必見の教会です。

         

         

         

         

        小さな街、と思いきやなかなかどうして、

         

        文化レベルが非常に高いのはさすがイザベラ・デステが過ごした地。

         

         

         

         

        ここから再びドゥカーレ宮殿に戻り、

         

        今度は先ほど通らなかった宮殿のメインの部屋をざっと回りました。

         

         

         

         

        「鏡の間」は1779年ヴェルサイユにならい現在の姿に大改造する以前は、演奏会の専用ホールとして使われていました

         

         

         

         

         

         

        光が明るく射しこむ「川の間」ののどかな庭の装飾。中央はガイドのパオラさん。

         

         

         

         

        上の写真の廊下から外を見ると「空中庭園」が。ここはなんと建物の2階部分にあたります?!

         

         

         

         

        気温は既に35度近く。

         

        熱風の中、ようやく小さなレストランに到着して一同ホッとしました。

         

        オステリア・フラゴレッタ(Osteria Fragoletta)というこの店は

         

        美味しい郷土料理が食べられる有名店で、

         

        観光客だけでなく、地元の人にも人気があるそうです。

         

         

         

         

         

         

        昔失敗したカボチャのトルテッリの他にマントヴァは馬肉の煮込み料理も有名です。

         

        本日は馬肉ではなく、

         

        フォークを入れるとホロホロ崩れるほど柔らかい牛の煮込みをメインに

         

        マントヴァ風ケーキというランチを楽しみました。

         

         

         

         

        牛肉の付け合わせは、色も鮮やかなポレンタ(トウモロコシの粉)。

        北イタリアの付け合わせと言えばコレ!

         

         

         

         

        ケーキというよりはザックリとしたクッキー。軽くて美味でした。

        因みに地元の人はクリーム無しで食べるそう。

         

         

         

         



        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
          SAO 2016 参加者。
        • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
          涼たた
        • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
          akiko

        profile

        書いた記事数:81 最後に更新した日:2018/06/24

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        ローマ公認観光ガイド