ブログ

2017 北イタリアのプチバカンス9日間 ツアーの報告(3)マントヴァ散策

0

    7月6日(木) 3日目 午前)マントヴァ 

     

     

    700

    【italimagazine.comより転用】

     

     

     

    マントヴァは、今回の新企画です。

     

    オペラを「アイーダ」から「リゴレット」にしたのに合わせて、

     

    せっかくなら、夜のオペラの舞台になっているマントヴァを

     

    実際に見ておくのも面白そう、とコースに加えました。

     

     

     

    まだローマに住んでいた頃、一度プライベートで行ってみたことがありますが、

     

    半日足らずの短い滞在で

     

    名物の「カボチャのペースト入りトルテッリ」が

     

    期待していたほど美味しくなかったことしか覚えていません。

     

     

     

    しかし、カルチャースクールの「イタリア街歩き」講座で取り上げてみたら、

     

    さすがは「ルネサンスの才女」「ルネサンス一の美女」と謳われた

     

    イザベラ・デステ」の嫁ぎ先です。

     

     

                           【レオナルドダヴィンチによるイザベラ・デステのスケッチ】

     

     

     

    ゴンザガ家の居城だったドゥカーレ宮殿

     

    5世紀の長きに渡り増改築を繰り返すうちに

     

    なんと、部屋数が約500という、ヨーロッパ屈指の巨大宮殿になりました。

     

     

    芸術・文化に関心の深かったゴンザガ家は、

     

    特に初期ルネサンスを代表する当代一流の芸術家たちを次々とマントヴァに呼び寄せ、

     

    自らの居住空間にたくさんのフレスコ画を描かせる一方で、幾つもの建築物をオーダーしました。

     

    このうち宮殿装飾は、そのまま現在のドゥカーレ宮殿美術館の作品となって

     

    訪れるものを魅了し続けているのです。

     

    小国ながら、時代をリードするメセナ活動の第一人者だったのが

     

    イザベラ・デステらが輝いていた時代のゴンザガ家といえるでしょう。

     

     

     

     

                  2泊したヴェネツィアのホテルから専用ボートでバスが待つトロンケットに向かいました

     

     

     

    今日からはバスでの移動になります。

     

    11名で53席の大型バス1台ですから、ゆっくり!

     

     

        

    マントヴァは三方を人口の湖に囲まれているちょっと幻想的な街です。

     

     

    【panoramio.comより転用】

     

     

     

    ヴェネチアを出て1時間半ほど、サン・ジョルジョ橋の向こうにマントヴァが見えてきました。

     

    水の都ヴェネチアを出発して、再び水の街に戻るかのようです。

     

     

     

     

    サン・ジョルジョ橋から見えたマントヴァ

     

     

     

     

    まずは、今晩の予習を兼ねて「リゴレットの家」へ。

     

    オペラの中で宮廷のお抱え道化師として登場するリゴレットのイメージに合わせて、

     

    公爵の宮殿(ドゥカーレ宮殿)正面の簡素な14世紀の建物が

     

    リゴレットが暮らしていた家と呼ばれることになりました。

     

     

     

     

     

     

    ここから宮殿観光のハイライトとも言える、

     

    サン・ジョルジョ城の角の塔に位置する「結婚の間」に向かいました。

     

    マントヴァ侯、ルドヴィーコ3世(イザベラ・デステの夫フランチェスコ2世の祖父)が

     

    1472年にマンテーニャを宮廷画家として招き入れ、

     

    侯の謁見の間にふさわしい様に手の込んだ華麗なフレスコ画で装飾させた見事な一室です。

     

     

     

     

     

    ルドヴィコ3世(左から2人目)と妻のバルバラほかゴンザガ家の一族が並ぶ

     

     

     

    壁は四面すべてがゴンザガ一族ゆかりの場面からなる肖像画で、

     

    画集で見るのとは比べ物にならないほどリアルで迫力ある表情に

     

    すっかり虜になってしまいました。

     

     

     

    そして天井には、期待していたかの有名なフレスコ画。

     

     

     

     

    手前のプットーのプリプリしたお尻がキュート!見上げるとまるで空に向かって天井が開いているように見えます

     

     

    8人のプットーと5人の女性が青空を背景に上かこちらを見下ろす、

     

    初期ルネサンスの短縮法天井画の代表作を

     

    存分に味わうことができました。

     

     

    部屋は思ったより小さかったのですが、

     

    その狭さゆえに一層

     

    600年前のゴンザガファミリーの栄華が色濃く詰まっているような

     

    不思議な感覚に包まれました。

     

     

     

    正午で閉まってしまう前にと、このあと

     

    大急ぎでサンタンドレア(Basilica di S.Andrea)教会へ。

     

     

     

     

        外観同様すっきりとした内部はルネサンスの精神が息づいているかのよう

     

     

    「万能の人」と称えられたレオン・バッティスタ・アルベルティ

     

    ルネサンスの人文主義者であり、有能な建築(理論)家として知られています。

     

    彼が1470年にマントヴァを訪れた際に設計したのが、このサンタンドレア教会で

     

    16世紀のヨーロッパの全建築に影響を与えたとも言われる、必見の教会です。

     

     

     

     

    小さな街、と思いきやなかなかどうして、

     

    文化レベルが非常に高いのはさすがイザベラ・デステが過ごした地。

     

     

     

     

    ここから再びドゥカーレ宮殿に戻り、

     

    今度は先ほど通らなかった宮殿のメインの部屋をざっと回りました。

     

     

     

     

    「鏡の間」は1779年ヴェルサイユにならい現在の姿に大改造する以前は、演奏会の専用ホールとして使われていました

     

     

     

     

     

     

    光が明るく射しこむ「川の間」ののどかな庭の装飾。中央はガイドのパオラさん。

     

     

     

     

    上の写真の廊下から外を見ると「空中庭園」が。ここはなんと建物の2階部分にあたります?!

     

     

     

     

    気温は既に35度近く。

     

    熱風の中、ようやく小さなレストランに到着して一同ホッとしました。

     

    オステリア・フラゴレッタ(Osteria Fragoletta)というこの店は

     

    美味しい郷土料理が食べられる有名店で、

     

    観光客だけでなく、地元の人にも人気があるそうです。

     

     

     

     

     

     

    昔失敗したカボチャのトルテッリの他にマントヴァは馬肉の煮込み料理も有名です。

     

    本日は馬肉ではなく、

     

    フォークを入れるとホロホロ崩れるほど柔らかい牛の煮込みをメインに

     

    マントヴァ風ケーキというランチを楽しみました。

     

     

     

     

    牛肉の付け合わせは、色も鮮やかなポレンタ(トウモロコシの粉)。

    北イタリアの付け合わせと言えばコレ!

     

     

     

     

    ケーキというよりはザックリとしたクッキー。軽くて美味でした。

    因みに地元の人はクリーム無しで食べるそう。

     

     

     

     


    2017北イタリアのプチバカンス9日間 ツアーの報告(2)ヴェネチア編

    0

      2017年7月5日(水) 2日目 ヴェネチア滞在


       

       

       

       

      快晴の朝を迎えました。

       

      午前中は散策観光、午後はフリータイムの一日です。

       

      観光のスタートはミュージック・ゴンドラ。

       

      私たち10名のための専属歌手とアコーディオン奏者と共に小運河めぐりへ。

       

       

       

                    

              まずは溜息橋をくぐって・・・・

       

       

       

       

       

           窓辺の花も綺麗でした!

         

       

       

      ゴンドラ終了後、往時のヴェネツィア総督官邸であるドゥカーレ宮殿へ向かいました。

       

       

       

                        いつ見ても楽しい3次元デザインの大理石の床

       

       

       

       

       

       

             壁一面の絵が圧巻の「元老院の間」。皆さん熱心にご覧になっています。

       

       

       

       

      今回も昨年11月同様、思ったほどの混雑はなく、

       

      ヴェネツィア派の画家たちによる数々の力強いキャンバス画を

       

      ゆったりと鑑賞できました。

       

       

       

       

       

                 お気に入りの一枚 ヴェロネーゼの「女神ジュノーネから恵みを与えられるヴェネツィア」

            「十人委員会の間」天井画

       

       

       

       

       

       

                     繊細で美しい装飾の木の天井

       

       

       

       

       

       

       

                            「大評議会の間」のからサン・ジョルジョ島を臨む

       

       

       

       

      イタリア最初のランチは、名物「イカ墨のスパゲッティ」です。

       

      イカの身もしっかり入っていて、

       

      いい感じに艶があり、なかなか濃厚でした。

       

      食後は、みごとな「お歯黒」状態の口元を見てお互いに大笑い!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      午後はフリータイム。

       

      8名のメンバーがお奨めスポット巡りに参加なさいました。

       

       

       

      サント・ステファノ広場を抜けて、木造のアカデミア橋を渡り

       

      最初に訪れたのは「アカデミア美術館」。

       

       

       

      昨年東京でも絵画展が開催され、注目を浴びていました。

       

      日本には持ってこれない大型作品を本場で、と意気込んでおりましたが

       

      なんと館内工事中で、

       

      ヴェロネーゼの「レヴィ家の晩餐」も

       

      ティントレットの「奴隷を助けるサン・マルコ」はじめ多くの作品は

       

      見ることができませんでした、残念。

       

       

       

      次は、美術館前から水上バスで「リアルト橋まで移動。

       

      ここでさっそく、

       

      「えぇっ?それってあり?」

       

      「イタリアって、こうなんだ〜。」

       

      事件が発生しました。

       

      せっかく発券機があるのにうまく作動せず、

       

      隣のチケットオフィスも正面窓口のガラス戸を閉めて反応なし。

       

      それなら、とオフィスの横の窓をコツコツたたくと、中にいたスタッフが目が合った瞬間

       

      怖い顔をしてこちらをにらみ、あっという間にスクリーンをパタン、と降ろしてしまいました。

       

      そういえば窓口に明日のストライキを予告する紙が貼ってありましたが、

       

      でもそれって明日でしょ??

       

       

       

      こうして、無賃乗船を余儀なくされた私たちは

       

      (内心喜んだのは私だけかも?!)

       

      1000円ほど節約することができました!

       

       

       

       

       

                   橋のたもとでジェラートタイム!

       

       

       

       

      リアルト橋で下船してから、

       

      今度はサン・マルコ広場まで

       

      両側のたくさんのお店を除きながらゆっくりお散歩。

       

       

       

       

      最後はサン・マルコ広場のカフェで午後のまったりタイムを楽しみました。

       

       

       

       

       

       

       

      湿度が高いヴェネチアの夏は、午後ともなると気温と人混みでかなり疲れます。

       

      前日の長旅の疲れと、時差ボケもピークに達する頃。

       

       

      ビール、かき氷(グラニータ)、パフェとそれぞれが注文しましたが、

       

      ここで2回目の「えぇっ?!」

       

      高い!信じられないくらい高い!

       

      ちなみに私がオーダーしたレモン・グラニータは22ユーロ(約2800円)!!!

       

       

       

             食べても食べても減らない・・・

       

       

      さぞかし美味かと思いきや、酸っぱさと甘さ、それに量が半端でなく、

       

      大の甘党を自負する私も、半分食べるのがやっと。

       

      もったいなかったなぁ・・・

       

       

       

      夜は、ホテル内のポスターで見つけた教会のコンサートに全員で行くことになりました。

       

      夕食は各自で済ませることにして、20時ロビー集合。

       

       

       

      午後の二の舞にならないよう、今度はタバッキであらかじめ水上バスチケットを往復購入し、

       

      アカデミア橋のたもとにあるS.ヴィダル教会に向かいました。

       

       

       

       

                     アカデミア橋からみたカナル・グランデの夕暮れ時。21時少し前。

       

       

       

      実はヴェネチアは、かの有名なバロック音楽家ヴィヴァルディの生誕地で、

       

      彼はここで自身もヴァイオリニストとして活躍しながら、数多くの作曲を手掛けました。

       

      そのゆかりの地でヴィヴァルディの音楽を楽しめるような企画が幾つかあり、

       

      今回のコンサートはヴェネチア室内合奏団(1987結成)による

       

      ヴィヴァルディのヴァイオリン曲3曲を含む全5曲の構成。

       

       

       

       

       

          ヴェネチア総督ヴィターレ・ファリエールが1084年ごろ、彼の守護聖人S.ヴィダルに捧げるために建設した。内部は17世紀後半から18世紀初頭に改築されている。

       

       

       

       

      感性豊かな表現力は、さすがイタリア人芸術家!

       

      ヴァイオリンは勿論ですが、

       

      私が特に惹きつけられたのは、中央で人一倍大きな身振りと表情で奏でるチェロ奏者でした。

       

      一番の驚きは、教会の奥中央に飾られているS.ヴィダルの祭壇画です。

       

      「S.ヴィダアルの栄光」と名付けられたこの絵は、なんとカルパッチョによるもの。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      最高の音楽を美術館級の絵画を見ながら鑑賞できる!

       

      日常と偉大な芸術がまるで当たり前の事のように隣り合わせに存在する、

       

      そんなイタリアのスケールに改めて感動した夜でした。

       

       

       

       

       

             感動に酔いしれた後、帰路の水上バスを待つメンバー。時は23時近く。

       

       

       

       

             夜の大運河を走る水上バス。1番線は夜通し運行している。

       

       

       

       

       

       


      2017 北イタリアのプチバカンス9日間 ツアーの報告(1)ヴェネチアへ

      0

        あっという間にお盆も終わり、

         

        虫の音にかすかに秋を感じる頃となりました。

         

        今年はことのほか、月日が早く経つように感じられます。

         

         

         

        初夏の頃に秋田を出発した北イタリアツアーのご報告は、

         

        そんな訳で、

         

        気づいたらまもなく初秋の頃、のアップとなってしまいましたが、

         

        その分、『旬』とは一味違う

         

        『熟』したタッチでお届けしたいと思います!

         

         

         

        【北イタリアのプチバカンス9日間 

                        野外オペラ鑑賞・ドロミテの絶景と至福のワインを楽しむ旅】

         

         期間 2017年7月4日〜7月12日 

         

         

         

                         

          5日目に訪れたドロミテ周遊の玄関口カッレッツァ湖とカティナッチョ山塊は私の最もお気に入りのスポットの一つです

         

         

         

        このシリーズは2013年、2015年に続いて今回が3回目の人気コースです。

         

         

        野外オペラとドロミテは定番で必ず盛り込みながら、

         

        あとは訪れる街やコースを少しづつ変えて、

         

        毎回違った内容で企画しております。

         

         

        今回は

         

        〔邀哀ペラをこれまでの「アイーダ」から「リゴレット」に変更

         

        ▲ぅ織螢∈嚢睚のスパークリングワイン「フランチャコルタ」のワイナリー訪問と農家レストランでのランチ

         

        が新たな企画として登場。

         

        芸術鑑賞、大自然に囲まれてエネルギーチャージ、食文化満喫

         

        まさに欲張りバカンスツアーとなりました。

         

         

        定員ぴったりの10名様にご参加いただき、

         

        ご夫婦3組を含む男性4人、女性6人という

         

        クリエイション・マキ始まって以来の高い男性比率でした!

         

         

        7月4日、秋田空港を私を含む7人で出発。

         

        いつもながら、秋田空港のカウンターで

         

        最終地ヴェネチアまでのボーディングパスを手にして、

         

        気分は早くも海外モード。

         

         

         

        羽田空港で合流した4名と共に

         

        ルフトハンザ航空715便ミュンヘン行きに搭乗しました。

         

         

         

        少しでも早くヴェネツィアに着きたい!、との思いで

         

        今回はミュンヘン便にしたのですが、

         

        あまりにも乗り継ぎが良過ぎて、定刻到着だと乗り換え時間はたったの50分。

         

        もし入国審査に時間がかかったら・・・と正直なところ心配もあったのですが、

         

        ありがたいことに30分早くミュンヘン国際空港に着陸。

         

        厳しすぎ?の荷物検査に引っかかったり、

         

        質問攻めの入国審査官に当たったり、

         

        ハラハラの場面もありましたが、

         

        それでもベネツィア行きのゲートには余裕で到着。

         

         

        ここからは、ルフトハンザ航空の提携会社である

         

        エアー・ドロミテのコンパクトな機体で

         

        ヴェネツィアまで1時間のフライトです。

         

                             

               白に明るいエメラルドグリーンの爽やかなエアー・ドロミテの機体

         

         

         

        眼下にドロミテの山々が姿を現した、と思ったら

         

        ほどなくして

         

        今度は潟に広がるヴェネツィア本島が

         

        見えてきました。

         

         

        昨年11月に一度リニューアル直後の

         

        ヴェネツィア・マルコポーロ国際空港を利用しております。

         

        その時は夜遅い到着で、あたりも暗く

         

        新しく近代的だなぁ、ぐらいにしか思いませんでしたが、

         

        今回はまだ明るい夕方19時半の到着。

         

        全面ガラス張りの大きな窓から差し込む夕日で

         

        空港施設内も屋外の風景も、前回以上におしゃれに見えます。

         

        これから始まる「アドリア海の女王ヴェネツィア」でのプチバカンスの始まりを

         

        大いに盛り上げてくれるのにふさわしい空の玄関口でした。

         

         

         

        水と切り離しては考えられないヴェネチアへのアプローチは

         

        何といっても船が一番!

         

        そんな訳で、今回も船で直接入れように

         

        サン・マルコ広場からやや東へ進んだ

         

        スキアヴォーニ河岸沿いのホテルを選びました。

         

         

        桟橋で待っていた専用ボート(タクシー)に乗船して出発です。

         

         

                                

             桟橋もリニューアルされていました。右手がホテルに向かう専用タクシーボート

         

         

         

                 

                  ドライバー(船長?)さん曰く「ここはムラーノ島のカナル・グランデ(大運河)だ!」

                  確かに本島とはまた違った味わいがありました

         

         

         

        ガラスで有名なムラーノ島経由で

         

        ヴェネチア本島の東端、島を魚に例えるとしっぽのあたりから

         

        サン・マルコ運河に入っていきます。

         

         

        ホテル到着。

         

         

         

         

        チェックインを終えたのは20時半を少し過ぎた頃ですが、

         

        この時期のヨーロッパはサマータイムのおかげで、外にはまだ明るさが残ります。

         

        朝、秋田を出てから随分と長い時間が経っているのに

         

        カレンダー上はまだ同じ日の夕方です。

         

        毎度のことながら、海外旅行の初日はやっぱり得をした気分です!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         



        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • イタリア文化サロン開催お知らせ「ローマ、とっておきの教会めぐり」
          SAO 2016 参加者。
        • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
          涼たた
        • ブログ開設にあたって〜秋田からイタリア、そして秋田まで〜
          akiko

        profile

        書いた記事数:82 最後に更新した日:2018/11/18

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        ローマ公認観光ガイド